ブログを読む
ブログを隠す

第186話(2017年12月)四苦八苦

耕平さんブログ

皆さん、こんにちは。早いもので、もう師走。本格的な冬がやってきました。くれぐ れもご自愛ください。

日常会話の中に浸透している仏教用語をお伝えしている今年のかわら版。仏教用語が たくさん定着しているのには驚きます。

今年はどんな年でしたでしょうか。「いや〜、良い一年だった」という人もいれば、 「今年は心配ごとが多く、四苦八苦したよ」という人もいることでしょう。

この「四苦八苦」も仏教用語です。ご存じの方も多いかもしれませんが、それは「四 苦」まで。「八苦」までご存じの方は仏教通です。

何の不自由もないシャークヤ国の王子に生まれたゴータマ・シッダールタ、つまりお 釈迦様。シャークヤ国の王子なので、音写してお釈迦様です。

人はなぜ年老いて、病に苦しみ、そして死ななければならないのだろう。そもそも、 生きていると、悩みも多く、心配ごとだらけです。お釈迦様はこの「生老病死」の苦 しみに向き合い、物思いにふけるようになりました。

この「生老病死」が「四苦」ですね。ここまでは、すんなり理解できると思います。

さて、「八苦」はこの「四苦」にもう四つ加えて「八苦」と言います。

「愛別離苦(あいべつりく)」は、愛する人ともいつかは別れ、離れなければならな い苦しみ。生きて離別することもあれば、死別することもあります。悲しいですね。

「怨憎会苦(おんぞうえく)」は、会いたくない、接点をもちたくないような嫌〜な 人とも知り合わなくてはならない苦しみ。それを受け入れざるをえないのが人生。難 しいですねぇ。

「求不得苦(ぐふとくく)」は、「あれがほしい」「これもほしい」と欲を出すのが 人間という生き物。そして、求めても自分の思いどおりに得られないから「残念」 「悔しい」「苦しい」という気持ちが湧き上がります。「欲」こそ「苦」の原因で す。

「五蘊盛苦(ごうんじょうく)」はちょっと難しいですね。「五蘊」は「色」と「受 想行識」の五文字で「五蘊」。過去のかわら版(般若心経の解説編)でお伝えしまし たが、「色」は人間のからだ、「受想行識」は人間の心を指します。からだも心も 「あれがほしい」「これもほしい」と「盛」んになるものの、思うようにならないと いう人間の本質的な苦しみを表現しています。

因みに「受」は、人間は様々な情報を目・耳・鼻・口・体・心の「六感」から「受」 けることを意味しています。その情報に対し、自分の好き嫌いや価値観から個人的な 感情を抱くことを「想」「行」「識」という字が示しています。

「生老病死」に「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五蘊盛苦」を合わせて「四 苦八苦」です。そもそも「人間」が仏教用語であることは、先月お伝えしました。「四苦八苦」と向き合う「人間」。いやはや、仏教用語だらけです。

それでは皆さん、少々気が早いですが、良い年をお迎えください。合掌。


大塚耕平

  • 2002年から「弘法さんかわら版」を書き続けています。仏教に親しみ、仏教から学び、仏教を探訪しています。より良い社会を目指すうえで仏教の教えは大切です。「弘法さんかわら版」は覚王山日泰寺(名古屋市千種区)と弘法山遍照院(知立市)の弘法さんの縁日にお配りしています。縁日はお大師様の月命日に立ちます。覚王山は新暦の21日、知立は旧暦の21日です。
  • 著書に「お大師様の生涯と覚王山」(大法輪閣)、「仏教通史」(大法輪閣)など。全国先達会、東日本先達会、愛知県先達会、四国八十八ヶ所霊場開創1200年記念イベント(室戸市)、中日文化センターなどで講演をさせていただいています。毎年12月23日には覚王山で「弘法さんを語る会」を開催。ご要望があれば、全国どこでも喜んでお伺いします。
  • 1959年愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院博士課程修了(学術博士、専門はマクロ経済学)。日本銀行を経て、2001年から参議院議員。元内閣府副大臣、元厚生労働副大臣。現在、早稲田大学総合研究機構客員教授(2006年~)、藤田保健衛生大学医学部客員教授(2016年~)を兼務しています。元中央大学大学院公共政策研究科客員教授(2005年~17年)。