ブログを読む
ブログを隠す

第188話(2018年2月)ありがとう

耕平さんブログ

皆さん、こんにちは。立春が過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。くれぐれも ご自愛ください。

日常会話の中に浸透している仏教用語をお伝えしているかわら版。仏教用語がたくさ ん定着しているのには驚きます。

いつもかわら版をお受け取りいただき、ありがとうございます。毎月、「へ〜、それ も仏教用語だったの。知らんかったわ」と多くの方からお声をかけていただきます。 ありがたいことです。と申し上げた「ありがとう」「ありがたい」という言葉も仏教 用語です。

普段から何気なく使っているお礼の言葉、当然のように毎日使っている親しみ深い言 葉である「ありがとう」。この言葉のルーツは「法句経(ほっくきょう)」というお 経の一文と言われています。「法句経」はパーリ語で「ダンマパダ」と呼ばれるお経 です。

この一節に次のくだりがあります。「人の生を受くるは難く、死すべきものの、生命 あるも有り難し」。人として生まれ、命を授かったことの驚きを伝える一節です。

命を授かることも、人から親切にされることも、当然のことではなく、極めて稀で幸 運なこと。そういう「有り難い」ことに対して感謝の気持ちを伝えるのが「ありがと う」です。

友人に出会うことも、一生の伴侶と出会うことも、子どもを授かって出会うことも、 皆、「有り難い」こと。出会いに感謝して「ありがとう」という気持ちになれれば、 人間関係に悩むことも少なくなることでしょう。

「袖(そで)触れ合うも他生の縁」という諺(ことわざ)があります。「多少の縁」 ではなく「他生(または多生)の縁」です。おそらく、多くの人が「多少の縁」と勘 違いしているのではないでしょうか。

「他生」「多生」とは、何度も生まれ変わるという意味の仏教用語です。つまり、た またま道ですれ違うだけの人も、前世からの何かの縁でもない限り、何十億人もいる 人間の中で、そして広い世界の中で、偶然とは言えない何かの因縁のある「有り難 い」出会いであることを諭しています。

いわんや、友人、伴侶、子どもであれば、それは極めて「有り難い」出会いです。も ちろん、職場や地域での知人、隣人も、もちろん「有り難い」出会いです。

命を授かったこと、生きていることの「有り難さ」、あの人にもこの人にも知り合え た「有り難さ」、この仕事、あの仕事に出会えた「有り難さ」、そういう感謝と驚き の気持ちを表す言葉が「ありがとう」です。

さらに言えば、嫌な人、辛いことに遭遇するのも「有り難い」こと。そのことが腹に 落ちると、日常生活の全ての出会い、全ての出来事に感謝する気持ちが湧いてきま す。そういう気持ちになると、身の回りの風景や人生の感じ方も変わってきます。

今日もかわら版を受け取っていただいてありがとうございます。今日、あなた様に出 会えたことも、偶然このかわら版をお受け取りいただいたことも、本当に「有り難 い」ことです。

それでまた来月まで、お元気でお過ごしください。合掌。


大塚耕平

  • 2002年から「弘法さんかわら版」を書き続けています。仏教に親しみ、仏教から学び、仏教を探訪しています。より良い社会を目指すうえで仏教の教えは大切です。「弘法さんかわら版」は覚王山日泰寺(名古屋市千種区)と弘法山遍照院(知立市)の弘法さんの縁日にお配りしています。縁日はお大師様の月命日に立ちます。覚王山は新暦の21日、知立は旧暦の21日です。
  • 著書に「お大師様の生涯と覚王山」(大法輪閣)、「仏教通史」(大法輪閣)など。全国先達会、東日本先達会、愛知県先達会、四国八十八ヶ所霊場開創1200年記念イベント(室戸市)、中日文化センターなどで講演をさせていただいています。毎年12月23日には覚王山で「弘法さんを語る会」を開催。ご要望があれば、全国どこでも喜んでお伺いします。
  • 1959年愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院博士課程修了(学術博士、専門はマクロ経済学)。日本銀行を経て、2001年から参議院議員。元内閣府副大臣、元厚生労働副大臣。現在、早稲田大学総合研究機構客員教授(2006年~)、藤田保健衛生大学医学部客員教授(2016年~)を兼務しています。元中央大学大学院公共政策研究科客員教授(2005年~17年)。