弘法さんブログ

第3話(2002年9月)

日泰寺はもともと日暹寺(にっせんじ) 

皆さん、こんにちは。暑い暑~い夏も過ぎ、九月の中旬になりましたが、いかがお過ごしですか。さて、日泰寺にお釈迦さまの骨(仏舎利=ぶっしゃり)が納められていること、その仏舎利は1898年(明治31年)にインドのピプラーワーというところで発見されたものであること、タイ王室がその仏舎利を日本に寄贈してくださったこと、仏舎利を祀るお寺をここ名古屋市に建設することが仏教界の相談で決まったことなどを、かわら版創刊号でお伝えしました。
ちなみに、日本への寄贈が決まった頃のタイは「シャム」と呼ばれていたことから、当時は覚王山日暹寺(かくのうざん・にっせんじ)と言ったそうです。
(「せん」という字は、「シャム」国の漢字表記です)。1932年(昭和7年)、「シャム」の国名がタイに変更されたことから、1941年(昭和16年)3月31日から覚王山日泰寺(かくおうざん・にったいじ)と改称されて、現在に至っています。

どうして名古屋市に?

でも、どうしてここ名古屋市がお寺の候補地となったのでしょうか。ちょっと調べてみました。1900年(明治33年)6月15日、タイのワットポー大寺院で仏舎利分与の式典が催され、日本から真宗大谷派の光演師(句仏上人)ほか四名が奉迎正使として出席しました。その後、正使一行は仏舎利とともに6月19日に帰国の途につき、7月11日に長崎に到着しました。同19日には仮奉安所に決められていた東山妙法院に納められました。さて、ここからが大変だったようです。
その時点では仏舎利を正式に納める塔廟(「覚王殿」=「覚王」はお釈迦さまの山号)の建設地は決まっていませんでした。候補地として話題になったのは、主に東京、京都、遠州三方ケ原などですが、各地で寄進を申し出る方々が続出し、ほかにも候補地はあったようです。
名古屋市が候補地になった経緯は正確には確認できていませんが、覚王殿の設計図製作を請け負ったのが名古屋市の伊藤満作氏であったことと関係があるようです。帝国仏教会は、正使一行がタイに渡っている間に伊藤氏に設計図製作を依頼し、仏舎利が長崎に到着した翌日、7月12日には縮尺1500分の1の設計図(第一稿)が完成していたといいます。
仏舎利到着後、1年以上経っても覚王殿建設地は確定せず、日本のタイ公使館の外山義文領事がそのことをタイ国王に報告したところ、国王は「まだ地所も決まっておりませんのか、早く建設資財を寄贈したいと思っておりますのに・・・」と大変ご機嫌が悪かったとのことです。

つづきは次号のお楽しみ!!

困った外山公使は、1901年(明治34年)11月26日、帝国仏教会の村田寂順師(会長)と前田誠節師(副会長)に、「一個人の約束と一国の国王との約束とでは重さが異なることをよくよく考慮し、日本仏教徒の恥辱にならぬよう、早急に対処されたい」という厳しい書簡を送りました。
さて、このつづきは次号のお楽しみです。ご期待ください。
・参考資料 「菩提樹仏教夜話」(京都紫雲寺)

★ 覚王山秋祭 10月26日(土)・27日(日)開催決定!

真夏の夏祭に続き、覚王山に「秋祭」がやって来ます。芸術の秋、食欲の秋を日泰寺参道で満喫してください。


第2話(2002年8月)

「覚王山祭」ってご存知ですか?

皆さん、こんにちは。今月も「弘法さん」の日がやってきました。先月の「弘法さん」と今月の「弘法さん」の合間に、ここ日泰寺の参道では「覚王山・夏祭」が開かれました(7月27日、28日)。「覚王山祭」は1998年から始まり、今年で5年目です。春、夏、秋と3回開かれます。「弘法さん」の日は昔ながらの風情のある出店が皆さんをお迎えしていますが、「覚王山祭」の日はエスニック風、レトロ風のお店が並びます。「へ~、知らなかった・・」という皆さん、「弘法さん」だけでなく、「覚王山祭」にも是非お出かけください。覚王山をますます気に入って頂けることと思います。秋には「覚王山・秋祭」を予定してます。ぜひ、お越しください。

「弘法さん」のついでに、ちょっと足を延ばしてみませんか!

さて、今回の「弘法さんかわら版」は、皆さんに鉈薬師(なたやくし)をご紹介します。鉈薬師は、日泰寺の北西側にあります。堂内には、あの有名な仏師(仏像の彫刻師)、円空の作った仏像が並んでおり、しかも、「弘法さん」の開かれる毎月21日のみ、公開(開扉)されます。そう、今日です!
鉈薬師の名前の由来は、円空が名古屋城築城の余材を利用して、鉈一本で仏像を彫り上げたことによるものです。そのため、「円空の一刀彫り」とも呼ばれています。ご本尊・薬師仏を囲んで、十二神将と日光菩薩、月光菩薩の二体の脇侍(わきじ)が安置されています。

尾張藩のお医者さん、帳振甫(ちょうしんぽ)

鉈薬師は、寛文九年(1669年)、尾張藩の藩祖・徳川義直公の御用医師・帳振甫によって建てられました。帳振甫は明国からの渡来人(帰化人)です。お医者さんが建立したお寺であることから、別名「医王堂」とも言われています。近くには、振甫プールがありますが、「振甫」の名前の由来は「帳振甫」からきているのかもしれませんね。

仏師・円空、三十八歳の時の力作

ところで、円空は寛永九年(1632年)、美濃国(現在の岐阜県郡上郡美並村)に生まれました。鉈薬師の仏像を彫ったのは38歳の時です。当時の仏師は、今で言えば、アーティスト、芸術家のようなイメージがあったようです。新進気鋭のアーティストとして、帳振甫が円空に仏像作成を依頼しました。鉈薬師の仏像は独特の作風であり、大陸(当時の唐)の仏像に似ているそうです。明国から渡来した帳振甫が故郷を思い、円空にお願いしたのかもしれませんね。
帳振甫と円空の出会い、依頼の経緯などを調べてみましたが、残念ながらよく分かりませんでした。郷土史に詳しい方がいらっしゃいましたら、是非、教えてください。
円空は生涯で12万体の仏像を彫りあげました。現存する仏像は約3000体、北海道から四国まで日本中に散在していますが、やはり出身地の東海地方にたくさん残っています。元禄八年(1695年)7月15日、岐阜県関市の弥勒寺において、64四歳でにご入定(ご他界)されました。合掌。


第1話(2002年7月)

「弘法さん」の縁日って、いつから始まったのかな?

弘法さんにようこそ!でも、皆さん、どうして弘法さんって言うかご存知ですか?「そりゃあ、あんた、弘法さんがおるんでしょ、日泰寺の中に」と思われると思いますが、おばあちゃん、それは違うんですよ。弘法さんの像は日泰寺参道の周辺にたくさん祀(まつ)られていますが、日泰寺の中に祀られているのはお釈迦さまです。
1898年(明治31年)、インドのピプラーワーというところで発見されたお釈迦さまの骨(仏舎利=ぶっしゃり)を、タイ王室が仏教国である日本に分けてくれることになりました。そこで、日本の仏教各宗派が相談をして、お釈迦さまの骨を祀るお寺を新しく建てることとなり、選ばれた場所がここ旧田代町です。お釈迦さまを表す「覚王」という名前を山号としました。そして、日本とタイ(泰)の友好の証(あかし)として寺院の名前を日泰寺としました。覚王山日泰寺の誕生です。1904年、明治37年のことでした。
さて、ではなぜ弘法さんが祀られるようになったのでしょうか。毎月21日に縁日が開かれるようになったのでしょうか。実はよく分からないんです。一説によると、明治時代の終わりごろ、日本全国で弘法さんブームが起きていたため、参道の賑(にぎ)わいのために弘法さんの命日に縁日が開かれるようになったとも言います。弘法さんが開かれるようになった理由、ご存知の方がいたら教えてください。
ところで、弘法さんと言えば、四国巡礼、八十八寺院のお遍路さんが有名です。1909年、明治42年には、数人の発起人の努力で、日泰寺参道周辺には弘法さんが八十八ヶ所に祀られるようになりました。覚王山日泰寺の八十八ヶ所霊場の誕生です。

「歳弘法(としこうぼう)」の「おもかるさん」

参道のまん中あたりの東側に、「歳弘法」という弘法さんが祀られているお堂があります。弘法さん(弘法大師空海)の1歳から高野山に御入場された(=お亡くなりになった)62歳までの像が祀られています。自分の歳、あるいはお願いをしたい人の歳の弘法さんの像にお参りをすると、御利益(ごりやく)があるそうです。
その入口の小さなお堂には、「おもかるさん(重軽さん)」という「弥勒(みろく)石」が置いてあります。お参りする前と後に石を持ち上げてみて、お参り後に持った時の方が軽く感じられるようなら、願いごとがかなうそうです。試してみませんか?

「弘法さん:かわら版」、(時間つぶしの・・)お役に立てば幸いです!!

さて、「弘法さん:かわら版」は今回が創刊号です。毎月21日の弘法さんの縁日の日に、弘法さん八十八ヶ所霊場や日泰寺にまつわる話、覚王山周辺の話題を皆さんにお伝えしたいと思います。不思議な話、しらない話がいっぱいありそうです。「あんたぁ、こんな話しっとる?」「おみゃあ、こないだ書いてあった話、ちがうがや」などなど、ドシドシと編集部にご連絡ください。お待ちしております。
編集部の場所は、参道出口の正面、広小路通り沿いの覚王山プラザ2Fの参議院議員・大塚耕平事務所内です。では、また来月、お会いしましょう!


検索でさがす

大塚耕平

  • 2002年から「弘法さんかわら版」を書き続けています。仏教に親しみ、仏教から学び、仏教を探訪しています。より良い社会を目指すうえで仏教の教えは大切です。「弘法さんかわら版」は覚王山日泰寺(名古屋市千種区)と弘法山遍照院(知立市)の弘法さんの縁日にお配りしています。縁日はお大師様の月命日に立ちます。覚王山は新暦の21日、知立は旧暦の21日です。
  • 著書に「お大師様の生涯と覚王山」(大法輪閣)、「仏教通史」(大法輪閣)など。全国先達会、東日本先達会、愛知県先達会、四国八十八ヶ所霊場開創1200年記念イベント(室戸市)、中日文化センターなどで講演をさせていただいています。毎年12月23日には覚王山で「弘法さんを語る会」を開催。ご要望があれば、全国どこでも喜んでお伺いします。
  • 1959年愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院博士課程修了(学術博士、専門はマクロ経済学)。日本銀行を経て、2001年から参議院議員。元内閣府副大臣、元厚生労働副大臣。現在、早稲田大学総合研究機構客員教授(2006年~)、藤田医科大学医学部客員教授(2016年~)を兼務しています。元中央大学大学院公共政策研究科客員教授(2005年~17年)。